【話題のニューモデル】「スズキ ワゴンRスマイル」
程よい車高+便利なスライドドア+男女兼用デザイン

軽自動車を代表するブランドのひとつであるスズキ ワゴンRに、「ワゴンRスマイル」というニューモデルが追加されました。

ここでは、愛らしくもありシンプル系でもあるデザインが魅力となるスズキ ワゴンRスマイルの概要と特徴を、なるべくわかりやすくご紹介いたします。

スライドドアは欲しいけど、背が極端に高い必要はない?

スズキ ワゴンRスマイルは、現在隆盛をきわめている「軽スーパーハイトワゴン」に対抗すべく誕生した、「程よい車高」と「スライドドア」を兼ね備えた軽自動車です。

軽スーパーハイトワゴンというのはスズキ スペーシアやホンダ N-BOXなどのことで、1.8mにも達しようかという強烈な背の高さと、両側スライドドアによる利便性の高さから大人気となっています。

それらより1段階背が低い「軽ハイトワゴン」の使い勝手も決して悪くはないのですが、全高が1650mmぐらいでしかないということと、後部ドアがスライド式ではなくヒンジ式であるという点で、人気の面では後れを取っています。やはりヒンジドアですと狭い場所での開閉には気を使いますし、乗り降りも、スライドドアの車と比べればちょっと面倒だというのがその理由です。

そんななか、2016年9月に登場したのがダイハツのムーヴ キャンバスでした。

こちらが2016年に発売されたダイハツ ムーヴ キャンバス。

ムーヴ キャンバスは、ハイトワゴンよりほんの少し高い「1655mm」という車高に、便利な両側スライドドアを組み合わせた、それまでにないタイプの軽自動車でした。そして、見事に「スライドドアは欲しいけど、背はさほど高くなくてもいい」という潜在ニーズを掘り当てたのです。

そしてダイハツ ムーヴ キャンバスは、そのデザインの魅力とも相まってヒット作となり、登場から5年が経過した今も順調に売れ続けています。

「1~2名乗車で都市部での買い物に使う車」というコンセプト

今回デビューしたスズキ ワゴンRスマイルは、スズキがダイハツ ムーヴ キャンバスにぶつけてきた一台です。

全高はムーヴ キャンバスより4cm高いのですが、それでもスーパーハイトワゴンであるスズキ スペーシアと比べれば9cm低い1695mmという、あくまでほどほどの高さ。そこに両側スライドドアを組み合わせ、ダイハツ ムーヴ キャンバスよりも若干「男女兼用」寄りなデザインをまとわせています。

軽スーパーハイトワゴンより9cmほど低い車高にスライドドアを組み合わせたスズキ ワゴンRスマイル

スズキ ワゴンRスマイルの運転席まわり。

搭載エンジンは最高出力49psのノンターボエンジンですので、正直さほどパワフルではありません。しかし加速時に小さなモーターがアシストする簡易なハイブリッドシステムが付いていますので、平坦な都市部を買い物などのために走る分には特に問題はありません。

問題ないどころか、ハーテクトという新世代の軽量・高剛性な骨格などのおかげで、その走りのニュアンスは「ちょっと上質」とさえ言えるものです。段差を越える際なども、不快な突き上げ感や振動はほとんど感じないのです。

ワゴンRスマイルは、基本的には1名乗車で「パーソナルに使う」ということを想定しているそうですが、リアシートは前後のスライドが可能で、ワンタッチでフルフラットにもなります。そのため3~4名乗車も苦になりませんし、1~2名乗車でホームセンターなどに長尺物を買いに行ったりするのにも向いているでしょう。

ワゴンRスマイルの居住スペース。リアシートは左右それぞれが前後にスライド可能で、リクライニングの角度も乗員の好みに応じて変更できる。

スライドドアの開口幅とリアステップ地上高は、軽スーパーハイトワゴンであるスズキ スペーシアと同一。

スライドドアは開口幅600mmで開口高が1165mm、地上高は345mmです。同じスズキの軽スーパーハイトワゴンであるスペーシアのスライドドアと比べると、地上高と開口幅は同じで開口高が8.5cm低いので、成人が後部座席に乗り込む際は、たしかに背が高いスペーシアのほうがラクです。

しかしワゴンRスマイルも「ほんの少し体をかがめる程度」という感じで乗り込めますので、特に問題はないというか、決定的な問題はないと考えられます。

おしゃれな「2トーンルーフパッケージ」でも価格は非常にお手頃

先進安全装備「スズキ セーフティ サポート」は全車標準装備で、アダプティブクルーズコントロールや標識認識機能などを含む「セーフティプラス・パッケージ」も、最廉価グレード以外にはオプションとして装着可能。12通りのしゃれたカラーバリエーションが用意されつつ、価格は129万6900円~171万6000円と非常にお手頃です。

ちなみに各グレードの具体的な価格は下記のとおりとなっています。

●HYBRID X|159万2800~171万6000円
●HYBRID S|147万2900~159万6100円
●HYBRID S 2トーンルーフパッケージ|153万3400~165万6600円
●G|129万6900~142万100円

最廉価グレードの「G」はスライドドアが手動式であり、さらに、この車のデザインのキモである「2トーンルーフ」も選べないため、あまりおすすめしません。しかし、いろいろそろった中間グレード「HYBRID S」のおしゃれな「2トーンルーフパッケージ」でも153万3400円ですので、価格的には非常にお手頃だといえます。

ライバルであるダイハツ ムーヴ キャンバスも魅力的ですが、スズキ ワゴンRスマイルの設計年次の新しさと、「男女兼用」的な内外装デザインは、男性にとっても女性にとっても魅力的だといえるでしょう。

スライドドアはあったほうがいいが、背はさほど高くなくてもOKと考える人には、スズキ ワゴンRスマイルは大いにおすすめできる一台です。ぜひ、これを機会に前向きに検討してみることをおすすめいたします。

「おくるま女子応援プロジェクト」では、話題のワゴンRスマイルについてお得なフルオプション付きプランをご用意しています。

執筆者
伊達軍曹

外資系消費財メーカー勤務を経て出版業界に転身。自動車専門誌複数の編集長を務めたのち、フリーランスの編集者/執筆者として2006年に独立。以来、有名メディア多数で新車および中古車の取材記事を執筆している。愛猫家。
  • <記事掲載日>2021年11月12日
  • <更新日>2021年11月12日

新着記事一覧へ