【話題のニューモデル】軽バンとしての本質を磨き上げ、目標台数をはるかに超える売れっぷりを記録! 「ダイハツ ハイゼット カーゴ」&「ダイハツ アトレー」

ニッポンの小口配送を支えてきた軽商用車「ダイハツ ハイゼット カーゴ」と、その乗用バージョンである「ダイハツ アトレー」が2021年12月、17年ぶりにフルモデルチェンジされました。

ここでは、発売後1カ月の時点で月間販売目標を大幅に上回って売れまくっている新型イハツ ハイゼット カーゴおよびアトレーの概要と特徴を、なるべくわかりやすくご紹介いたします。

完全商用バンのはるかに カーゴは「積載性」を徹底追求

まずは、ジャンル的には「商用軽バン」となる新型ハイゼット カーゴからご説明します。

なんと11代目にあたる新型ハイゼット カーゴは、昨今の世相により高まっている「多くの荷物を効率的に積みたい」という要望に応えるべく、使い勝手の良さがそれまで以上に追求されました。

具体的には、ボディをより四角くするなどして積載スペースを拡大。荷室の側面や床面も凹凸のない形状とすることで、荷物を傷つけることなく使用できるようになりました。

クラス最大級とうたわれる積載スペースは、4人乗車時で荷室長×荷室幅×荷室高=1915×1410×1250mm。「軽自動車規格」という絶対的なしばりがあるなかで、従来モデルより55mm長く、35mm幅広く、15mm高い積載スペースを実現させています。

運転席まわりの利便性についても、インパネの形状を見直すことで「アッパートレー」を新設。そして頭上には「オーバーヘッドシェルフ」を設けるなどして、荷物の取り出しやすさと働きやすさには徹底的にこだわっています。

とはいえ、スマートキーによるキーフリーシステムや、ワンタッチオープン機能/ウエルカムオープン機能付きのパワースライドドアなどの快適装備が充実したという点も、実は新型ダイハツ ハイゼット カーゴの特徴です。

メカニズムでは、ダイハツの軽商用車としては初めて「DNGA」という最新の設計思想を採用してプラットフォームを一新。かなり高剛性な最新のボディに、最適化された足まわりを組み合わせたことで、重い荷物を積載した状態でも良好な操縦安定性と快適な乗り心地が得られる結果となりました。

搭載エンジンは最高出力46psの自然吸気3気筒と、最高出力64psとなるそのターボ版。トランスミッションは5MTのほかに、新開発されたCVTも用意(※ターボ車はCVTのみ)。この新たに小型化されたCVTの採用により、省スペース性だけでなく燃費と発進加速、静粛性も向上しています。ちなみにWLTCモード燃費はノンターボ車が14.9~15.6km/Lで、ターボ車が14.7km/Lです。

商用軽バンながら運転支援システムは全車標準装備

新型ハイゼット カーゴは安全装備の面でも大幅な進化を遂げました。最新のステレオカメラを備え、昼間は車両と歩行者に加えて二輪車と自転車も、夜間には歩行者の検知が可能となった予防安全機能「スマートアシスト」を全車に標準装備搭載。カメラを使って後方視界を表示ことで、荷物満載時や視界不良時の不安を解消する「スマートインナーミラー」もパックオプションとして用意されています。

写真は活発なターボ付きエンジンを搭載する「ハイゼット カーゴ クルーズターボ」で、ボディカラーはシャイニングホワイトパール

新型ハイゼット カーゴはいわゆる商用の軽バンであり、主には小口配送や建築業などに従事する人が使う車です。しかし、新しい「DNGA」プラットフォームと「スマートアシスト」が採用されたからには、上級グレードである「クルーズ」や「クルーズターボ」を乗用車的に使う――つまり、仕事ではなく釣りやキャンプなどのお供として使うのも、大いにアリでしょう。

商用車というのは要するに「プロ仕様」であるため、一般的な乗用モデルよりも「ヘビーデューティな感じでカッコいい」といえますし、プロ仕様ゆえに使い勝手と耐久性は抜群ですから、「趣味のための車」としてもうってつけなのです。そのあたりも、新型ハイゼット カーゴが発売と同時に売れまくっている理由のひとつでしょう。

新型アトレーが「乗用車」から「商用車」に変更された理由

そして「発売と同時に売れまくっている」といえば、新型ハイゼット カーゴ以上に売れまくっているのが新型アトレーです。

従来型までは「乗用車」だったが、新型からは「商用車」になったダイハツ アトレー。

発売から1カ月後の時点で月販目標の8倍の台数を受注したダイハツ アトレーは、もともとはハイゼット カーゴの乗用車バージョンでした。商用車というのは「4ナンバー」になるのですが、先代までは乗用車=5ナンバーの「ダイハツ アトレーワゴン」という車だったのです。

それが今回、「純粋な軽バンであるハイゼットカーゴの乗用バージョン」という立ち位置は変わらないものの、4ナンバー=商用車の「ダイハツ アトレー」になりました。

乗用車から商用車になると何が変わるかといえば、まずは軽自動車税が安くなります。乗用車の軽自動車税は年額1万800円ですが、商用車の軽自動車税は年額5000円。その代わり、普通車の商用車は毎年車検を受けなければならないのですが、軽商用車の場合は2年ごとでOKです(ただし初回車検は3年ではなく2年になりますが)。

また軽商用車には「荷室の床面積が0.6平方メートル以上、そしてリアシートを起こした状態でラゲッジスペースはリアシートのスペースより広くなければならない」などの基準があり、この基準をクリアするために、軽バンのリアシートというのはひたすら簡素なつくりになっています。

そのため新型アトレーも、今回から商用車枠になったことでリアシートはペラペラのつくりになったのですが、ダイハツの調査によれば「アトレーワゴンの後席に人が座ることはほとんどなく、大半のユーザーはシートをたたんで荷室を広げていた」とのこと。であるからこそ新型アトレーは商用車枠に移行し、車の後ろ半分を広大な荷室として使えるように徹底させたのです。

リサーチの結果、リアシートの作りはかなり割り切ることになった新型アトレーの車内。

アトレーのパワーユニットは全車64psのターボ付きエンジン

新型アトレーの車台やパワートレインなど、基本的なメカニズムは前述した新型ハイゼット カーゴと同様ですが、アトレーはすべて最高出力64psのターボエンジン+新型CVTとなります。駆動方式はFRまたは4WDで、WLTCモード燃費は全車14.7km/Lです。

そしてアウトドアなどでの幅広い使われ方に対応すべく、以下のような装備が用意されています。

●サーフボードや汚れたアウトドア用品を積んでも掃除がしやすいイージーケアマット
●さまざまな荷物の取り付けや固定に便利な荷室ナット(ユースフルナット)とマルチフック
●車中泊時などに換気ができ、快適な車内空間を実現するポップアップ機構付きリアガラス
●後席での快適性を向上させるボトルホルダーやデッキサイドポケットなどの収納スペース
●ラゲッジボードを組み合わせることで、ワーケーションなどに最適なスリット付きのデッキサイドトリム

商用車登録にはなったが、中身は実質的に「乗用車」

新型アトレーは外装デザインも、いかにも商用車然としたハイゼットカーゴと違ってLEDヘッドランプやメッキフロントグリル加飾などの専用パーツが豊富に用いられていて、インテリアも、上級グレードのRSではTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイなども採用。

さらに予防安全機能「スマートアシスト」も、RSでは全車速追従機能付きアダプティブ クルーズコントロール(ACC)やレーンキープコントロールも採用されています。つまり新型アトレーは、4ナンバー(商用車)にはなりましたが、安全装備や快適装備は5ナンバーワゴンと変わらないレベルである――ということです。

釣りやキャンプ、あるいは車中泊など、いわゆる趣味のために使う車としては、新型ダイハツ アトレーは「ほぼ理想的」とすらいえる存在であり、一般ユーザーにとってのその魅力はやはり、完全商用車バージョンである新型ハイゼット カーゴ以上であることは間違いありません。

それゆえ「発売から1カ月後の時点で月販目標の8倍の台数を受注した」という売れっぷりに対しては、「特に不思議ではない」としか言いようがないのです。

執筆者
伊達軍曹

外資系消費財メーカー勤務を経て出版業界に転身。自動車専門誌複数の編集長を務めたのち、フリーランスの編集者/執筆者として2006年に独立。以来、有名メディア多数で新車および中古車の取材記事を執筆している。愛猫家。
  • <記事掲載日>2022年4月11日
  • <更新日>2022年4月11日

人気ランキング

新着記事一覧へ