中古車を購入したら納車までどのくらいかかる?一日でも早く乗るためにできることは?

「中古車って契約すれば、すぐ納車されるんじゃないの?」と思っている方も多いかもしれません。確かに新車と違って、中古車は実物を見てから購入できるため、購入手続きさえ行えばすぐに乗り出せると思いがちです。
しかし実際は、納車までに1カ月ほどかかるケースも珍しくありません。
そこでこの記事では、中古車購入における納車までの期間をはじめ、一日でも早く納車されるためにできることを解説します。

1.中古車の購入〜納車はどのくらいかかる?

中古車を購入した場合、納車までにはどのくらいかかるのか、一般的な流れと期間の目安について確認していきましょう。

1-1.購入から納車までの流れ

中古車を購入する場合、多くのケースで以下のような流れになります。

【1】購入したい中古車を決めて契約する
気になる中古車があれば、中古車販売店やディーラーに訪れて実物を確認します。車両状態もよく気に入ったら、まずは見積書を出してもらいましょう。
費用の内訳もしっかりチェックして納得したら、いざ契約です。中古車の場合は、自動車売買契約書を交わす必要があります。

【2】契約したら購入代金を振り込む
自動車売買契約書を交わしたら、今度は契約者が販売店に購入代金を支払います。支払い方法は販売店によって異なりますが、現金一括や振り込み、残価設定型クレジット、カーローンなどの方法がメインとなります。
残価設定型クレジットやカーローンを利用する場合は、事前審査が必要となり、審査に時間がかかるケースも。無事審査に通過したら、名義変更や車庫証明の申請に必要な書類を一式そろえて販売店に提出しましょう。

【3】支払い手続きが完了したら車の整備・点検を行う
納車前に、販売店による車の整備や点検が行われます。
ただし、どこまで整備・点検するかは、販売店によって異なります。販売店によって「車検にかかる整備を実施」であったり、「当社独自の点検項目による納車前点検整備を実施」であったり…。
そのため納車前の整備・点検内容は、契約時にしっかり確認しておきましょう。

万が一、整備や点検時に修理・交換箇所が見つかったら、すべて作業が完了してからの納車になります。
ワイパーといった細かな部品交換であれば、数日程度で終わりますが、エンジン系統などの主要パーツで異常が見つかった場合は時間を要します。さらにドライブレコーダーやカーナビを取り付ける場合は、別途作業時間が必要になることも覚えておきましょう。
車の整備や点検、名義変更といった手続きも含め、すべての作業が完了した時点で納車の日取りや段取りを相談して、納車になります。

【4】購入した中古車の任意保険の加入は納車前に行う
中古車を購入したら、自動車の任意保険への加入も同時に手続きしましょう。任意保険の加入は納車までに済ませて、納車される日から自動車保険の補償が開始されるのがベストです。車検証が手元になくても任意保険に加入はできますが、加入時に必要な情報が分からないと加入できません。そのため、購入した時点で販売店に「任意保険に加入したい」旨を伝えておきましょう。あなた名義の車検証ができ上がった時点で、車検証のコピーをFAXまたは郵送してくれるはずです。車両入れ換えの場合は、契約車両の変更手続は事前に行えます。ただし新しい車両の納車日が必要なので、販売店に納車日を確認してから手続きしましょう。

万が一、整備や点検時に修理・交換箇所が見つかったら、すべて作業が完了してからの納車になります。ワイパーといった細かな部品交換であれば、数日程度で終わりますが、エンジン系統などの主要パーツで異常が見つかった場合は時間を要します。さらにドライブレコーダーやカーナビを取り付ける場合は、別途作業時間が必要になることも覚えておきましょう。車の整備や点検、名義変更といった手続きも含め、すべての作業が完了した時点で納車の日取りや段取りを相談して、納車になります。

1-2.納車までの期間の目安

上記で説明したように、契約から納車までにはさまざまな手続きが発生するため、思っている以上に時間がかかります。
ただし車両状態がよく、名義変更や車庫証明の手続きを販売店に任せるなら、2~3週間が一つの目安になります。

しかし名義変更や車庫証明の各種手続きを自分で行う、各種手続きの書類をそろえるのに時間がかかる、購入した車の思わぬ箇所に問題が見つかった…など、スムーズに進まない場合は、1カ月程度かかることも。中古車は新車と異なり、車両状態によって納車までの時間が変わるのでその点も覚えておきましょう。

2.納車期間が早い中古車を選ぶには?

先ほどお伝えしたように中古車は、車両状態の良し悪しで納車期間が変わります。そのうえ、「車検の有無」によっても、納車期間が変わります。選んだ中古車に車検が残っていれば、比較的早く納車されるでしょう。

また軽自動車の場合、基本的に車庫証明の届出が必要ないケースも(自治体によって異なる)。車庫証明の代わりに「車庫の届出」を出す際も納車後でもよいため、納車期間を短縮できるでしょう。

3.中古車購入の際に必要なもの

中古車を購入する際に必要な書類について紹介します。事前にどんな書類が必要か頭に入れておくと、契約もスムーズに進むはずです。

【普通自動車を購入する際に必要なもの】
・実印
・印鑑証明書
・車庫証明書(自動車保管場所証明書)
・委任状

【軽自動車を購入する際に必要なもの】
・印鑑※認印OK
・住民票
・車庫証明書(自動車保管場所証明書)※自治体によって異なる
・委任状

車庫証明書の申請は最寄りの警察署で行いますが、手数料を払えば販売店が代行してくれます。手数料を節約するため自分で手続きしたいという人は、申請から取得までに時間がかかることを覚えておきましょう。早ければ3日、遅くても6日ほどで発行されます。
ただし書類に不備があるとその分、納車が遅くなります。一日でも早く乗りたい人は、販売店にお任せした方がよいでしょう。

4.納車を早めるため、購入者自身ができること

「お気に入りの車を買ったのに、納車までに時間がかかる!早く乗りたい!」と購入後にヤキモキしないために、納車を一日でも早めるために、購入者自身ができることを紹介します。

4-1.必要書類は早めに準備する

納車を一日でも早めたいなら、中古車購入に必要な書類は早めに準備しましょう。特に車庫証明書は、申請から取得までに時間を要します。費用はかかりますが、販売店に手続きを代行してもらえば、スムーズに取得できるでしょう。
また印鑑証明書や住民票は、マイナンバーカードがあれば、コンビニでも入手できます。必要書類を把握したうえで、計画的に準備しましょう。

4-2.ローンを組むなら事前に審査を受けておく

中古車をローンで購入しようと資金計画を立てているなら、事前に金融機関でローン審査を受けておけばスムーズです。もし土日・祝日で中古車購入の契約した場合、翌営業日でないと金融機関も審査ができません。さらに審査に時間がかかればその分、納車が遅れる可能性も出てくるでしょう。
平日に金融機関の窓口に出向くのが難しければ、空いている時間を使ってネット銀行でオンライン審査を受けておくのも一案です。
さらに審査に通らないことも想定して、複数の金融機関で審査を受けておくとより安心です。ローンでの支払いを考えている人は、早い段階でアクションすることをおすすめします。

4-3.お店まで自分でクルマを取りに行く

中古車を購入した場合、販売店に車を自宅まで運んでもらうこともできます。
ただし、納車時期は販売店の都合が優先されるため、お店が混み合う時期は日程調整に時間がかかり、納車が遅くなるケースも。
納車を少しでも早めたいなら、販売店に自分で取りに行きましょう。その分、車を自宅まで運ぶ「納車費用」もかからなくなります。費用が浮くうえ、比較的希望する日時での引き取りも可能になるでしょう。

4-4.大安の週末は避ける

一般的に、「車の納車は大安の日」と言われ、大安の週末は納車でお店が混み合います。特に縁起を担ぐことにこだわらないなら、良い日取りの週末は避けて納車をするとよいでしょう。

5.「納車が遅すぎる!!」というときにできること

契約や書類上の手続き、ローン審査などがスムーズに進んでも、「なかなか納車の連絡が来ない!」と気持ちが焦ることもあるでしょう。
あまりにも納車が遅いと感じるなら、一度販売店に問い合わせしてみましょう。その期間の目安は、契約から3週間後。最長で1ヵ月かかるケースもありますが、通常なら2週間程度で納車されるため、3週間経っても納車に関する連絡が来ない場合は一度確認を。もしかしたら、整備に手間取っていたり必要な部品がそろわなかったりする事情があるかもしれません。
特に型の古い中古車を選んだ際は、そういった事態も想定しておきましょう。

6.月々定額のお支払いなら「カーリース」を検討しよう

先ほどご説明したように、自宅まで車を運んでもらう際は「納車費用」がかかります。お店やサービスによっては、「納車陸送費」と呼ばれていることもあります。遠方納車だと、納車に関する費用が高額になる可能性も。
そんなときはカーリースを検討してみましょう。
カーリースとは、月々定額の支払いで車に乗れるサービスのこと。毎月のリース料金に、契約期間中の自動車税(種別割)や自動車重量税といった税金、また自賠責保険料が含まれている商品が多く。商品によっては、納車に関する費用が含まれているので、費用の平準化が図れます。

カーリースなら「ORIX カーリース・オンライン」がおすすめ!納車陸送費込みで安心

「ORIX カーリース・オンライン」では新車をはじめ、中古車のカーリースも取り扱いしています。
しかも月々のリース料金は、頭金なしの月々定額のお支払いでOK。車両代や登録時手数料、登録時車検整備費用、各種税金、自賠責保険料はもちろん、納車陸送費もコミコミです!
自社のレンタカーやリースアップ車両が中心なので、使用歴やメンテナンス歴が明確なので安心です。業界トップクラスの保証で、あなたのカーリースライフをサポートします。

  • <記事掲載日>2022年3月14日
  • <更新日>2022年3月14日

人気ランキング

新着記事一覧へ