中古車を選ぶときに注意すべき3つのこと!失敗しないために押さえておこう

予算の関係で、中古車を検討している人は多いでしょう。しかし中古車は、他のユーザーが所有していた車なので、新車に比べて事前にチェックすべきことが多くあります。もし中古車選びを失敗すると、納車後にムダな出費が発生するかもしれません。そこで安心して中古車を選ぶことができるように、注意点を3つ紹介します。

1.【注意点その1】車両状態

中古車選びで重要なポイントは、「車両状態」です。購入前にきちんと車両状態を把握しておかないと、購入後に修理はもちろん、最悪の場合、事故につながることも想定されます。ここからは車両状態の確認方法について解説します。

1-1.水没車や接合車などは避ける

重大な欠陥のある中古車は絶対に避けましょう。見た目やパーツ等に大きなダメージを受けている中古車は、いくら安いからと言っても購入してはいけません。見た目で判断できない修復歴車や水没車(冠水車)、塩害車は特に注意が必要です。修復歴車の中でも、自動車の骨格に該当する部分の箇所を接合している車(接合車)は、事故や災害で大きな損傷を受けているケースがあり、損害を受けていない車と比較すると故障しやすいといわれています。

もし気に入った車が見つかったら、必ず販売店に修復歴の有無を確認しましょう。修復歴がある場合、販売店は購入者に事前説明することが義務付けられています。万が一、販売店が修復歴を意図的に隠した場合、告知義務違反で返金対象となるので、しっかり確認しておきましょう。

また水没車(冠水車)も、見た目で判断できません。車内に悪臭がしたり、エアコンをつけると異様なニオイがしたりする場合は水没車であることを疑いましょう。冠水したことで、電気系統に異常が発生しやすい状態になっています。発電機が故障すると、最悪エンジンが止まりかからないことも考えられます。

塩害車とは、海水や潮風、融雪剤に含まれる塩分が金属に付着して、錆が発生した状態のこと。錆が発生すると金属が腐食しやすいため、購入後、問題なくても次第に乗れなくなることも想定されます。しかも錆があっても、修復歴車には該当しないため、購入者自身で見抜くことができません。車の下やエンジンルーム内に錆はないか、目視でもしっかりチェックしましょう。

1-2.事前に車両検査表をチェックしよう

車両検査表とは、車両検査の専門会社で実施した検査結果を記載したものです。ここには車両外装のキズや内装の状態が記載されているため、車両状態をより詳しく把握できるはずです。
但し、車両検査は義務化されているわけではないので、お店によっては用意されていない場合もあります。安心して中古車を購入するには、車両検査を実施しているお店を選ぶ事も大事です。
オリックス自動車の中古車は、全車※に車両検査を実施し、NAK(日本オークション協議会)が定める基準に基づき、修復歴や機関部に支障の無い車両だけを商品として取り扱っています。
※登録済未使用車につきましては、車両検査は実施しておりません。

2.【注意点その2】諸費用について

中古車購入では、本体車両価格ばかりに目がいきがちですが、車両本体価格以外にかかる「諸費用」によって総支払額が変わります。見積書でしっかり確認しましょう。

2-1.諸費用には何が含まれているのか

新車、中古車問わず車を購入する場合、諸費用は大きく2つに分けられます。まず法律で定められている「法定費用」と、販売店の手続き対して支払う「代行費用」です。法定費用は法律で金額が決まっているため、どの販売店で購入しても同様に費用がかかります。一方の代行費用は、その販売店が独自に設定しているものなので、どんな費用が含まれるのかしっかり確認しましょう。

例えば登録代行費用。中古車購入の場合、運輸支局で所有者名義の変更を代行で登録してもらうと、こちらの費用がかかります。他にも車庫証明の取得を代行してもらう場合は「車庫証明代行費用」、買った車を自宅まで運んでもらう場合は「納車(陸送)費」がかかります。こういった費用は、車両本体価格とは別に上乗せされるため、中には車両本体価格を安く設定して目を引かせ、実際には相場より代行費用を高く設定している販売店もあるので注意が必要です。

代行費用は事前に把握しにくいため、検討段階で早めに見積書を出してもらいましょう。中古車購入の場合、諸費用を含めた総支払額、いわゆる「乗り出し価格」をきちんと把握しておくことが大切です。また代行費用が妥当なのか相場がわからないときは、複数の販売店で見積もりを取ってみましょう。見比べることで、相場も掴めるようになるはずです。

2-2.諸費用は安く抑えることも可能!

先述したように、諸費用は大きく「法定費用」と「代行費用」の2つに分けられますが、後者の代行費用は各販売店で設定しているものなので、値引き交渉が可能です。また、そもそも「代行」なので、自分で手続きを行えばまったくかからない費用でもあります。手間暇はかかりますが、名義変更や車庫証明の取得を自分で行えばコストカットできるので、諸費用を安く抑えたい場合は自分で手続きするのも一案です。ただし慣れていないと、申請書類に手間取る可能性も。忙しい人は、販売店に代行してもらった方が手続きはスムーズに行えます。

3.【注意点その3】購入した後のサポートは?車両の保証について

中古車の場合、納車後のサポートサービスについてもしっかり確認しておきたいところです。特に中古車は新車に比べると、故障やトラブルが起きやすいものです。そのため納車後に気づいた瑕疵は、購入後でも修理無料といった保証があると大変安心。まずはサポートサービスの保証内容と、保証期間をしっかり確認しておきましょう。

特にエンジン回りといった主要な部分は、修理に費用がかかるうえ、放置しておくと事故につながることも。どこまでが修理・点検の範囲なのか聞いておくと安心です。また保証期間は長ければ長いほど安心ですが、最低でも6カ月付いているものを選びましょう。年式が新しい車両であれば、ディーラーの保証書が付いている場合も。新車時のメーカー保証の残期間がある車なら、保証継承手続きさえ行えば、続けてメーカー保証が受けられます。

信頼できる販売店を選べば安心!

中古車の車両状態を見極めるのは、車のプロでも見抜けないケースが多いのも事実です。だからこそ、信頼できる販売店を選んでおきたいものです。
その点、オリックスの中古車リースなら、自社のレンタカー・リースアップ車両を中心に販売しているので、使用歴やメンテナンス歴が明確。しかも納車日から1年間は、消耗品を除くすべての部品の保証付き。業界トップクラスの保証で、あなたのカーライフをサポートします。

  • <記事掲載日>2022年2月1日
  • <更新日>2022年2月1日

人気ランキング

新着記事一覧へ