カーリースの審査って何?オートローンとの違いは?基礎知識をつけて不安を解消しよう!

毎月定額でお得に自動車に乗れると注目されているカーリース。
プランや車種はもちろんですが、カーリース申し込みの際に行われる審査について不安を持っている方も多いようです。

一般的なオートローンとは何が違うのか、審査落ちしてしまわないだろうか、もし審査に落ちたらどうなってしまうのだろうか。
分からないことが多いため不安になるのは仕方がないです。

そこで、実際にカーリースの審査とはどういったものなのか、一般的な審査内容やオートローンとの違いなどを記事にまとめました。

カーリースをはじめて申し込みするけど審査が不安、という方はぜひ読んでみてください。

カーリースの審査とは?

カーリースの審査とは?

カーリースの審査とは、車種やプランを決めてカーリースに申し込んだ時点で行われるものです。

審査を行うための情報として、カーリースの申し込みの際には個人情報とあわせてお勤め先の情報や収入情報などを書き込む欄があります。

大半のケースでは、記入された情報をもとに信販会社が審査を行っています。

ここでのポイントは、一般的なカーリースでは審査通過後に契約書を交わすため、契約書を結ぶまではキャンセルが可能になっている場合が多いことです。

そのため、審査結果を待ってから契約するかどうか検討する時間があります。

審査に通過したら必ず契約しなければならない、などということはありませんので、安心してお申込みすることができます。
では、カーリースとオートローンとの審査の違いはあるのでしょうか。
結論から言いますと、審査内容に大きな違いはありません。
どちらも外部信用情報機関の個人のクレジット情報を元に審査の可否を判断しています。

オートローンとの違い

では、カーリースとオートローンは何が違うのか。
カーリースは「あらかじめ期間を決めた賃貸」、オートローンは「売買代金の分割払い」ということです。どちらも車検証上の所有者欄はカーリースやオートローンを提供する事業者となり、使用者欄が契約者様となっています。ただし、オートローンの場合は「所有権留保」という担保権を主張するための所有者の表記ですので、法的な所有者は契約者様となります。逆にカーリースの場合は、法的にも所有者はカーリース会社です。

このため、自動車税などの自動車にまつわる税金の納税義務者は、カーリースではカーリース会社、オートローンでは契約者様となります。
つまりカーリースでは、契約者様は自動車税や重量税など、納税の手続きから解放されますので、この部分はカーリースの大きなメリットと言えます。


ただし、カーリースは賃貸ですから、基本的には契約が終了したら車両をカーリース会社へ返却することになりますが、個人向けのカーリースでは契約終了後に車両の残金などを精算することで買い取ることができるプランもあり、その場合は所有権を契約者様が引き継ぐことができます。

最近では契約終了後に車両残金など精算の必要なしでそのまま車両をもらえるカーリース会社もありますので、さらにお得に自動車に乗ることが可能になっています。

なぜ審査は必要?

なぜ審査は必要?

そもそも、なぜカーリースのお申し込みに審査が必要なのでしょうか。

一番は、契約者様のお支払にトラブルが発生するのを防ぐためです。

カーリースを利用することで毎月お得に自動車に乗ることができますが、契約期間が一般的には5年~7年と長期の契約になっています。

長期間、利用料を毎月定額でお支払いいただけるかどうか、というのを判断する必要があり、そのために審査は行われています。

なぜそんな判断が必要かというと、カーリースでは契約途中での支払金額の変更が基本的にできず、契約時に取り決めた金額を毎月お支払いいただくことが原則となるからです。

例えば、ボーナス払いを多めに設定して契約した場合、契約途中で転職などやむを得ない事情で経済状況が変わった場合でも、途中からボーナス払いなしの契約に変更することが困難であるため、ボーナス払い月に合わせて貯金をしていただく必要が出てきます。

つまり、契約途中にライフスタイルの変化があった場合でもお支払金額を変更することができないため、長期間の契約でも毎月のお支払いが可能かどうかを判断する必要があるのです。

そして、その判断の大きなポイントになってくるのが「信用情報機関」です。

信用情報機関って何?

では、信用情報機関とは何なのでしょうか。
一般的に使われる信用情報機関は指定信用情報機関のCICとJICC(日本信用情報機構)の2つです。

2つの機関には、それぞれクレジットカードや個品割賦契約の申し込み・利用状況、金融事業者からの貸付情報や返済状況などの情報が記録され、管理されています。

一般的なカーリース審査では、この2つの機関に情報を照会していることがほとんどで、チェックしている項目は支払の延滞の履歴などがないか、過剰な借り入れがないかなどを確認しています。

一般的な審査内容は?

一般的な審査内容は?

審査で注目している点の1つとして、毎月のお支払いが可能かどうかというお話をしました。
では、カーリースの審査ではどんな内容をチェックして審査の可否を判断しているのでしょうか。
見られているのは「リース料のお支払いが可能かどうか」です。月々のリース料に見合った安定した収入があれば審査に通過することができると言われています。

もちろん、審査は総合的な判断を行っているので収入面だけが重要ではありません。
ですが、安定した収入というのは1つポイントになっていて、正社員でなくともパートやアルバイトの方でも審査に通過する可能性はあります。

もし、収入面でのハードルが高く、審査通過できない場合でも保証人をつけることにより審査を通過することができる場合もあります。
この場合、事前に保証人が必要かを確認することはできませんので、一度カーリースに申し込んでいただき、審査を受けた上でカーリース会社から保証人についての案内があります。
このように総合的な判断をしているので、カーリースの審査で不安な方も一度お申し込みだけでもしていただければ状況がつかめるかと思います。

一般的なカーリースでは、審査通過後の契約書締結までの間はキャンセルが可能な場合が多いですから、実際に審査を受けていただき、もし通過した場合はその後に契約をするか検討していただく時間もありますので安心してください。

  • <記事掲載日>2021年7月1日
  • <更新日>2021年7月1日

新着記事一覧へ